2012年 06月 15日
写真展鑑賞日でした。
本格的な雨模様で、焦ることなく各所で行われている写真展をゆっくり鑑賞出来た。
天気だとこんな気持ちになれないのだが、こう降ったら気持ちにもゆとりができるものだ。

熊本県立美術館 分館では、 山 弘孝氏(太宰府市在住)の写真展を見た。
タイトル「神宿る山と渓」熊本では初登場とのこと良い写真を見せて貰った。
ヒマラヤ・チベットから日本の山々そして熊本菊池渓谷等A0から四つ切まで見ごたえある作品である。
自分より一つ先輩でまだ六千m位の山は挑戦されるとの事とフイルムに拘った撮影でお元気そのまんま
の作者だった。
17日まで開催中で皆さんも是非見られたらと思いました。キャンバス地のプリントなど見ものもあります。
「画像はありません」

フードパル食品交流館では「林 興介氏」の個展もあっており、ここでも作者から説明を聞きながらの
鑑賞であった。

最後に菊池市のカフェギャラリーチムチムでは「吉岡功治写真展」を鑑賞、ウォータープラネットと冠した
水の表情を撮った写真は新鮮な被写体で勉強させられた。
新緑の上高地など6月24日まで開催されている。
「吉岡功治写真展の模様」(携帯電話で撮影したもので鮮明ではありません)
c0132230_187851.jpg


c0132230_1874099.jpg


今夜から大雨の予報だ!
「災害は忘れたころやってくる」
用心しましょう。
では又。








[PR]

by kurumatabi | 2012-06-15 17:57 | 写真展


<< ’12春 信州回顧「水芭蕉風景」      ホタル続続編 >>