<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2008年 02月 29日
父の写真が誘導してくれました。
一昨年に続き再びフィリッピン「ルソン島」を旅しました。
旅の目的は、戦死した父の最期の場所を特定して慰霊することです。
今回1942年に送られて来た写真の中に刻まれた名前を基に学校を特定し訪問することが出来ました。
フィリッピン、パンガシナン州ビナロナン市「ビナロナンセントラルスクール」でした。
昭和17年(1942)に撮影されたもので写真と照らし合わせ幾つもの学校を廻り窓の飾りと正面入口のドア、飾り柱等で間違いないことを確認しました。
c0132230_22273743.jpg
建物の正面に学校名が刻まれています。
この建物は、1909年フィリッピンがアメリカだった頃建てられたものです。


c0132230_22342132.jpg
この建物が現在のものです。
平屋建てになったのは1990年ピナツボ山の噴火により倒壊し、二階部分が無くなり平屋に改修されたそうです。
上の写真を基に60年以上経った今年やっと特定出来ました。


c0132230_22462596.jpg
93才の母も大喜びで、学校長さんと記念撮影しました。
母の左が自分で右の方が「ビナロナンノースセントラルスクール」のDR.ERLINDA E.MONES
校長先生で、他の方はたまたま会議で集まられた他の学校の校長先生達だそうです。


道のりは、マニラから3号線でタルラック市へ更に北に約300キロ弱の所です。
[PR]

by kurumatabi | 2008-02-29 10:00 | フィリッピンの慰霊の旅
2008年 02月 28日
マニラ空港からタルラック市移動
福岡空港を朝の9時過ぎに発ちマニラ空港にお昼過ぎ到着3時間一寸の空の旅でした。
マニラから渋滞の都心を抜けて高速道経由でタルラック市に向かいました。


c0132230_22591173.jpg
国道筋に旧日本軍が作ったマバラカット飛行場跡が「神風平和記念公園」となり、神風慰霊碑がありました。
昭和19年10月20日海軍第一航空隊第201航空隊所属の搭乗員24名からなる特別攻撃隊を「神風(しんぷう)特別攻撃隊と命名したそうです。
そのことから、この地「マバラカット」の町が神風発祥の地となったと記されています。


c0132230_23111317.jpg
マバラカット観光局が神風平和記念公園の建立を推進した理由は、神風特別攻撃隊の栄光を称賛する為でなく、その歴史的事実を通して世界の人々の平和と友好の尊さを訴える為に・・・とありました。
神風特別攻撃隊のような不幸な出来事を二度と繰り返さないと誓う場所が此処であると記されていました。


c0132230_23194671.jpg
フィリッピンは若い人たちで溢れています!
小学校の次は高校で中学校がないそうです。
町の中は何処に行ってもトライクル「三輪車サイドカー」がタクシー代わりで大賑わいです。


c0132230_232583.jpg
三輪タクシー「トライクル」です。→


タルラックのホテルに到着したのは夕方6時過ぎでした。
暗殺されたアキノ大統領の奥さん経営の広大な敷地の中にサトウキビ工場がありそこの近くの「プリンスプラザホテル」宿泊する。
・・・続く・・・
[PR]

by kurumatabi | 2008-02-28 12:00 | フィリッピンの慰霊の旅
2008年 02月 04日
阿蘇山の景色
2月4日仙酔峡ロープウエーで山頂駅へ・・・あいにくの火山ガスで門外立ち入禁止でした。
仕方なく積雪の山頂駅周辺を見ました。「凍てつく窓」如何でしょうか。
c0132230_21595964.jpg


c0132230_2217729.jpg
仙酔峡の滝は冷え込みにより様々な表情を見せますが完全に凍ってしまより荒々しさが残る時が氷の芸術を満喫できるようです。


c0132230_2226153.jpg
阿蘇の噴煙が時折大きく上がり太陽に遮断されました。
この日は中岳までハイキングのつもりで歩きましたが積雪が多く、装備もして無く途中で引き返しました。
[PR]

by kurumatabi | 2008-02-04 11:00 | 四季折々の撮影


    


画像一覧
最新の記事
ブログジャンル
お気に入りブログ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング