<   2010年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2010年 06月 30日
2010/6/30 層雲峡より黒岳登山
始発(午前6時)の層雲峡ロープウエーで黒岳五合目へ行き、更にリフトで黒岳七合目まで楽なものでした。
大雪山「黒岳は1984m」標高差464mが実質登山でした。
しかし今年は積雪が多く難行の登山になりました。
c0132230_1885299.jpg

積雪の中、途中登山ルートが無くなったり、クマサザの中、茂み越えとか大変でした。
たかが464m!登りと下りでクタクタの雪中行軍で苦労しましたが九合目からお花畑に
疲れも吹っ飛びました。
以下大雪山「黒岳」のお花と風景写真をご覧下さい。
「ウコンウツギとナナカマドの花」
c0132230_1821151.jpg

「珍花コマクサ」
c0132230_18281569.jpg

「黒岳山頂は素晴らしいお花畑でした」
c0132230_1830267.jpg

「イワブクロ」
c0132230_18323689.jpg

「?」
c0132230_18334023.jpg

「ウコンウツギの遠景」
c0132230_18345777.jpg

「ウコンウツギとナナカマドの遠景」
c0132230_1839265.jpg

「クロユリ1」
c0132230_18403831.jpg

「クロユリ2」
c0132230_18421198.jpg

「チングルマの髭」
c0132230_18434859.jpg

「元気な髭てら 黒岳山頂にて」
c0132230_18453597.jpg


苦労した登山でしたが高山に咲くお花さんと会えて苦労も吹っ飛んでしまいました。
下山後「層雲峡温泉」で疲れを取り、そこの会館でビールを飲みながらの編集でした。

明日以降が富良野美瑛かな?
お楽しみに。
では又。
[PR]

by kurumatabi | 2010-06-30 18:16 | くるま旅
2010年 06月 29日
2010/6/29 忠類より大雪富良野ルートで層雲峡へ
名残惜しい忠類を発ちました。
広島の原さん、愛知の中西さんにお世話になりました。
忠類が何時までも素晴らしい環境で過ごせる事を皆んなで努力しましょう。

出発した時、忠類は曇天でしたが、大雪富良野ルートを走っているといつの間にか青空が広がってきました。
広大な十勝平野のジャガイモ、早いのは花を付けていました。
三国峠の難所も今はスイスイと走れる素晴らしい道路になり層雲峡まで180キロも苦になりません。

「昨日の夕食はピリ辛サンマの塩焼きでした」
c0132230_1950459.jpg

美味しそうでしょう!いや~実に珍味でした。
c0132230_19523489.jpg

「道の駅忠類に併設されているナウマン記念館の正面で、この裏に新しくオートキャンプスペースがあります」
c0132230_19554413.jpg

「仲良くご夫妻で」
c0132230_19565619.jpg

途中で見たルビナスの群生地です
c0132230_207643.jpg

c0132230_19592427.jpg

「昔難所今快適道路の三国峠で」
c0132230_2005850.jpg

「層雲峡観光の目玉、銀河の滝」
c0132230_203188.jpg


層雲峡温泉で疲れをとり明日は大雪山系黒岳登山の予定です。
花情報をビジターセンターで花盛りと聴き、此処まで来たんだ登らにゃ、と気合いを入れた所です。
登頂出来るか不安ですが安全第一を言い聞かせチャレンジです。
では明日お楽しみに!

今日夕方、ヤントさん恵山で飲んでいると連絡が取れました。
層雲峡温泉駐車場より更新でした。
[PR]

by kurumatabi | 2010-06-29 19:46 | くるま旅
2010年 06月 28日
2010/6/28 釧路から襟裳岬「道の駅忠類」
快晴のしらぬか恋問道の駅で日の出の撮影して38号36号線と乗り継ぎ襟裳岬に走りました。
道の駅忠類へ引き返し午後早い時間に到着してゆとりの時間がもてました。
忠類の模様が様変わりしていて驚きました。それはキャンプ駐車場が出来ていてグリーンの中
大変環境が良くなっていました。

「襟裳岬の全景です」
c0132230_7272637.jpg

c0132230_728467.jpg

c0132230_7292563.jpg

「道の駅忠類の無料キャンプ広場です」
c0132230_7342586.jpg


道の駅忠類は無料パークゴルフが併設されていてその人気はバッグンです。
ご存じナウマン象の博物館もあり温泉は500円でこれも隣接しています。
全国からパークゴルフファンがキャンカーで来て長期滞在して楽しんでおられました。

さて明日から帰宅準備も考えながら残りのくるま旅を楽しみます。
では又。
[PR]

by kurumatabi | 2010-06-28 07:16 | くるま旅
2010年 06月 27日
2010/6/27 霧多布から釧路湿原へ
前日満月の夜で月が欠けているのを見て未だ満月になってないと解釈して月食を見逃してしまいました。
この所新聞もテレビもラジオも聴かず全く月食の情報が取れなく撮影できず残念でした。
今朝、午前4時前太平洋から昇る日の出の撮影と、太陽と入れ替わる月の撮影と思い月を見たら満月の
月ではありませんか!前夜のかけた月が月食と初めて判りました。悔しい!後悔しています。
「今朝の沈む直前の霧多布岬から見た月です」
c0132230_21494073.jpg

「26日霧多布岬で車泊、何とキャンプ場は無料で、そのキャンプ場を見て夕日を撮りました」
c0132230_21514727.jpg

「太平洋から昇る日の出二景(霧多布岬より)」
c0132230_21543113.jpg

c0132230_21551984.jpg

「霧多布の昆布漁の様子です」
①朝五時一斉に漁場へ②竿を入れ昆布引きかけ小舟に入れます③昆布引き上げる④丘の日当たりの良い場所で手早く広げて干します。
c0132230_224920.jpg

「霧多布湿原のワタスゲ」
c0132230_2253821.jpg

「胞子を飛ばす寸前のワタスゲ」
c0132230_2265746.jpg

「厚岸の原生花園あやめヶ原岬であやめまつりがあっており早速撮影でした(ヒオウギアヤメ)」
c0132230_2283719.jpg

「岬の牧場に30万株のヒオウギアヤメが7分咲きでした」
c0132230_2295594.jpg

「夕方五時過ぎの細岡から見た釧路湿原の様子です」
c0132230_6564716.jpg


今日も天気は良かったのですが太平洋側には霧が発生して透明感がなく霞んだ一日でした。
夕方釧路湿原に行き三カ所の展望所を廻り遅くに道の駅愛問に着きました。

明日以降の計画なしですが道東から道南そして最終コーナー大雪富良野ルートでしょうか?
天気は続いていて北の大地も日中は暑いです。熊本は梅雨の最でしょうか?
では又。
[PR]

by kurumatabi | 2010-06-27 22:01 | くるま旅
2010年 06月 26日
2010/6/26 ウトロより知床峠越え霧多布岬に着きました
ウトロ町にある新設された道の駅より知床越えで残雪も殆ど無くなった羅臼岳を見て羅臼の道の駅へ。
道の駅で試食のタラバカニとか花咲カニとか買いもせず沢山食べ野付半島わ目指し走りました。
「道の駅にはキャンカーが十数台宿泊でした」
c0132230_6124013.jpg

「知床峠より見た羅臼岳です」
c0132230_21301072.jpg

「羅臼より見える北方領土、国後・択捉の島です」
c0132230_21304757.jpg

「野付半島のトドワラです・・・とど松が海水の浸食により枯れ半島も沈下している所です」
c0132230_2132198.jpg

c0132230_2152259.jpg

「何とか待っていてくれたクロユリの花です」
c0132230_21325819.jpg

「丹頂鶴で有名な風蓮湖の近くから飛来したのでしょうか野付半島で撮影しました」
c0132230_2134372.jpg

「野付湾の干潟です」
c0132230_21361773.jpg

「トドワラ散策の馬車です」
c0132230_685372.jpg

快晴の今日も快適ドライブでした。
今夜の車泊は霧多布岬のとっぺんにある無料キャンプ場です。
明日は太平洋から昇る日の出の撮影ですが午前4時前の日の出で起きれるか心配です。
撮影できましたら明日掲載します。
では又。
[PR]

by kurumatabi | 2010-06-26 21:30 | くるま旅
2010年 06月 24日
2010/6/25 快晴の美幌峠より屈斜路湖・摩周湖散策 
上湧別の道の駅は温泉付きで環境も最高でした。
前日の雨も上がり快晴になり忙しく本日の予定先を考えました。
まず4年前涙をのんだ美幌峠の眺めを第一と候補にして、後は付け足しの撮影でした。
「美幌峠から屈斜路湖の眺めです」
c0132230_5235331.jpg

「峠から湖の後ろです」
c0132230_5253234.jpg

「屈斜路湖展望所よりの眺望です」
c0132230_5263610.jpg

「美幌峠より約20キロ地点の硫黄山ですがイソツツジは既に終盤でした。」
c0132230_5285773.jpg

「雲と蒸気の区別がつかない硫黄山です」
c0132230_5294194.jpg

「天気が良かったので摩周湖の湖面も真っ青!一番綺麗でした」
c0132230_53536.jpg


c0132230_5363930.jpg

「小清水原生花園の駅舎」
c0132230_5552397.jpg

「スカシユリ・エゾキスゲ・センダイハギが咲き誇る花園」
c0132230_5581222.jpg

「スカシユリ」
c0132230_5594590.jpg

この後今夜の車泊場所を探し道の駅をハシゴしてやっとたどり着いた新しい道の駅ラウスで車泊でした。
道の駅の海側に「オロンコ岩」があり60mの高さでここからオホーツクに沈む夕日の撮影でした。
オロンコ岩(60m)とは、そこに座っている岩の意味でアイヌ語です。
c0132230_5375588.jpg

c0132230_5382547.jpg


快晴の一日を無駄にしたくなく欲張った撮影行になりました。
PCの調子が悪くレタッチせずアップしていますので色合いが悪いことをお許し下さい。

ウトロまで来ましたので明日は知床道路で羅臼岳を見てラウスと、野付半島のクロユリが
待っています!待っていてくれるかどうか?
明日も好天のようで、月も煌々と輝いています。
では又。
[PR]

by kurumatabi | 2010-06-24 20:20 | くるま旅
2010年 06月 24日
2010/6/24 道北から道東へ
今朝からあいにくの雨です。
道の駅ピンネシリ(中頓別町)を出て名寄市経由で紋別市まで走りました。
今回は内陸部を走るルートで北海道を知ろうと考え、行き先を選んでおります。
今日のルートは水田地帯と酪農地帯があり、運転していて移り変わる景色は疲れと時を
感じない快適なものでした。
時には本降りの雨、峠に掛かると濃霧があり撮影ポイントは数多くありますが遮られました。
明日以降は天気回復の予報で楽しみです。
「乳牛が中心の牧場でホルスタイン多く見られました」
c0132230_1937950.jpg

「植林用?黒松の苗木かな」
c0132230_19405795.jpg

「作物の覆いが綺麗でした」
c0132230_1943795.jpg

「道の駅ニシオコッペ花夢で素晴らしいオルゴールの演奏が聴かれました」
c0132230_19461052.jpg


今日は終日雨にたたられ撮影は殆ど出来ず車内から撮影したものが中心でした。
しかし北海道の道路網は良く整備されています。
枝葉の裏道に行っても心配無しでした。

車泊の「道の駅かみゆうべつチューリップの湯」に午後3時着き早速温泉に入り初めて
ゆっくりした時間をもてました。

明日以降天気が続きそうでオホーツクの原生花園を訪ねる予定です。
では又。
[PR]

by kurumatabi | 2010-06-24 19:46 | くるま旅
2010年 06月 23日
2010/6/23 利尻礼文サロベツ国立公園
今朝は、豊富温泉から鏡沼を通って、浜勇知園地の「こうほねの家」を訪ねました。
エゾカンゾウを期待して行きましたが、今年は一ヶ月近く遅れているそうでした。
日本海に面して天気が良ければ利尻富士が勇壮に見える位置ですが残念ながら
雲が多くて見えませんでした。
c0132230_209459.jpg

「雨に打たれ可憐に咲いているエゾカンゾウ」
c0132230_20102842.jpg

「国道232線は信号無しの道路で直線道のこんな緩やかなアップダウンだけです」
c0132230_2015488.jpg

雨が落ちだしたので予定外で稚内に行き前回行ったコインランドリーのある稚内市の
施設で「稚内市ポートサービスセンター」を探してランドリーに洗濯物を入れ、この間
ラーメン店を探して昼食に出ました。
「稚内の有名ラーメン店にてみそラーメンを頂きました」
c0132230_20253269.jpg

急いでセンターに帰ったら乾燥も出来ていてセンターの方のご好意に感謝でした。
稚内でコインを使われる方は是非センターに行ってください。
無料のシャワールームも完備され休憩も出来ます。
「宗谷岬を丘の上から撮影しました」
c0132230_20301395.jpg

「白鳥のいないクッシャロ湖でした」
c0132230_20332951.jpg


今夜の車泊地は「道の駅ピンネシリ」で向かえにピンネシリ温泉があります。
シトシトと初めて雨に降られています。
この後のミステリーくるま旅はまだまだ続きます。
明日は何処でしょう?
では又。
[PR]

by kurumatabi | 2010-06-23 20:16 | くるま旅
2010年 06月 22日
2010/6/22 小樽運河からサロベツ原野
天気に恵まれ余市を出て早朝の小樽運河を撮影して5号線を北に走り途中ホロロン街道を
サロベツ原野に向けました。
「今朝の小樽運河です」
c0132230_21142521.jpg

c0132230_2115878.jpg

「サロベツ原野の入り口近くの風車で、左側の海は日本海です
雲がなかったら利尻富士が海側に見えるところでした」
c0132230_2116125.jpg

「サロベツ原野の入り口で」
c0132230_21174086.jpg

40キロ近く直線道で信号なしでした。
「エゾカンゾウの開花はこれからで期待外れの感でした」
c0132230_2120441.jpg

今日は余市町から豊富温泉まで341キロ走りましたが北海道の道は走りやすく
ほとんど60キロ走行道路、その上直線道で信号なし高速道を走っているのと同じ
感じです。
途中道の駅で休憩しながら楽しいドライブでした。
四国徳島のヤントさんは自宅に帰り着いたと連絡で再度仕切直しで、今月28日には
苫小牧に上陸予定で北の大地で再会を楽しみにしています。

今夜の車泊地は「豊富温泉です」世界に類のない凄い温泉です。
下記ページでご覧下さい。



豊富温泉の公式ページです

「豊富温泉全景です」
c0132230_20444032.jpg


では又ミステリーくるま旅が続きます。
[PR]

by kurumatabi | 2010-06-22 21:22 | くるま旅
2010年 06月 21日
2010/6/21 神威岬のエゾカンゾウ
北海道も天候不順で雨の少ない日本海側に出ました。
4年前霧雨で撮影できなかった神威岬、今回は予想的中で晴れでした。
エゾカンゾウ咲き誇る神威岬は撮影は別として凄い迫力でした。
「神威岬の全体像です」
c0132230_21145275.jpg

「岬の傾斜部分に咲き誇るエゾカンゾウ」
c0132230_21154770.jpg

「岬の先端に神威岬灯台があり遊歩道が整備されています」
c0132230_21171045.jpg

「阿蘇に咲くユウスゲと違って昼も夜も咲き続けています」
c0132230_21184221.jpg

「青い海の海底も見える岬に咲くエゾカンゾウ」
c0132230_21215611.jpg


この後20キロ程先にある日本渚百選の「島武意海岸」を廻り、余市町へ。
「島武意海岸のエゾカンゾウ」
c0132230_21425844.jpg

この町は、ニッカウヰスキーの発祥地で大きな工場があり見学と試飲も出来、
車泊する道の駅に隣接していて車を置いて徒歩で行きウイスキーの試飲が出来便利でした。
「ニッカウヰスキー工場の内部」
c0132230_21453860.jpg

又、宇宙飛行士で有名な毛利さんの生誕地でもあります。
余市川温泉がそれで建物の上にスペースシャトルの模型が乗っていました。

明日は何処やらの気まぐれの旅が続いています。
道の駅余市から更新でした。
では又。
[PR]

by kurumatabi | 2010-06-21 21:19 | くるま旅


    


画像一覧
最新の記事
ブログジャンル
お気に入りブログ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング