<   2010年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2010年 07月 26日
2010/7/26 国造神社のおんだ祭
写真仲間に誘われ国造神社のおんだ祭に初めて行ってきました。
祭り以外で尋ねた事はある神社でしたが、祭りは初めてでした。
阿蘇神社は28日にあり、親子みたいな関係のようです。
五穀豊穣の祭りはイネの生育を願ったこの時期は各地で行われていますね。

以下初めてのアングルを見て下さい。
「祭りの始まりで(うなり)と称する本来は生娘さんが境内でお祓いを受けます」
c0132230_2295128.jpg

「境内の前の階段はかなり急な作りで用心用心で進みます」
c0132230_22122281.jpg

「子供も後に続き太鼓や鐘の音色を響きかせます」
c0132230_22133766.jpg

「田んぼに作られた御旅所まで行列が続きます」
c0132230_2216132.jpg

「田んぼの前を」
c0132230_22163336.jpg

「ネムノキの前を」
c0132230_22165420.jpg

「田んぼを入れて」
c0132230_22171118.jpg

「午前中はここで終わりになります」
午後の撮影は止めて早々と帰途につきました。
c0132230_22172532.jpg

以下うなりさんの目の表情を撮ってみました。
c0132230_22181514.jpg

c0132230_22182847.jpg

c0132230_22184085.jpg


今回初めての国造神社のおんだ祭でした。
感想として、カメラマンが多くて満足な撮影は出来ませんでした。
被写体の中に必ずと行って良いくらいカメラマンが写っています。
何とかならないかと呟きたいですね!
苦肉の策でトリミングしてごまかしました。

28日の阿蘇神社は今日より多くのカメラマンが駆けつけて来る事でしょう。
真夏の祭りは熱射病にならないように注意しましょう。
では又。
[PR]

by kurumatabi | 2010-07-26 22:30 | 四季折々の撮影
2010年 07月 25日
2010/7/24~25 長崎帆船まつり撮影行
長崎在住の友人から誘われ一泊して長崎帆船まつりに行ってきました。
長崎松ヶ枝埠頭と常磐埠頭に「日本丸・海王丸・観光船(龍馬伝でおなじみ)・
コリアナ・パラダ・ナジェジュダ」と豪華絢爛な帆船の勢揃いでした。
「女神大橋をバックに朝の松ヶ枝埠頭です」
c0132230_21553944.jpg

「日本丸のセイルドリル(操帆訓練)の模様」
c0132230_21565575.jpg

「マストに登り帆を縛ってあるロープをほどきます」
c0132230_2203334.jpg

「ほどき終わって一斉にロープを引き帆を張ります」
c0132230_2225360.jpg

「帆が張られた日本丸」
c0132230_2242534.jpg

「花火で彩りを」
c0132230_2254245.jpg

「女神大橋とライトアップ&イルミネーション」
c0132230_2262539.jpg

「長崎名物はた(凧)の連凧132枚」
c0132230_2273129.jpg

「龍馬伝のロケで活躍した観光丸の体験航海です」
c0132230_2285327.jpg


長崎も暑かった!
汗びっしょりの撮影行でした。
そして熊本港から諫早までのフェリーは半額の2060円也大助かりでした。
では又。
[PR]

by kurumatabi | 2010-07-25 22:14 | 四季折々の撮影
2010年 07月 19日
2010/7/19 二回目のハス撮影行
前回遅くなったので家を5時出発し二回目のハスの撮影に行きました。
今一歩踏み込んだ撮影を考え長靴を準備しました。
陽が射さないハス園は夜露ががあり開花した状態が良い感じでした・・・が、
作品となるとアングル決めが難しいですね。
  「水滴が光ったハスの葉が綺麗でしたが近くに花はなし、クモが着いていました」
c0132230_1426398.jpg

  「空に向かって撮影、色あいが変わって」
c0132230_14301028.jpg

  「PL効かせて」
c0132230_1432221.jpg

  「薔薇みたいなハス」
c0132230_14325124.jpg

  「ハスの葉の水滴に花を足してみました」
c0132230_14472088.jpg


以上五枚掲載しました。
参考になりましたでしょうか。
まだまだハス園は待っているようです。
では又。
[PR]

by kurumatabi | 2010-07-19 14:48 | 四季折々の撮影
2010年 07月 17日
2010/7/17 梅雨上がる
朝から眩しい光が差し込んでいます。
くるま旅から帰って毎日画像処理に没頭!

今回撮影した枚数13800枚
一日平均撮影枚数198枚(内病院通い20日間は撮影無し)
走った距離8347㎞
73日間家を空けました。
我ながらデータ量に唖然としています。

今日は机上と違って鹿央町のハス祭りへ撮影に行きました。
入道雲がモクモクと湧き期待して鹿央里やま蓮まつり会場へ行きました。
家を出るのが遅くなり皆さん帰り始めてからの撮影で少し遅れをとりました。
                                     「ガマの穂を背景に」
c0132230_1650733.jpg

                                     「ハスの葉を日除けに」
c0132230_16505867.jpg

                                     「水面の幼いハス」揺らいでいるのが分かりますか?
c0132230_16525594.jpg

                                     「青い空に向かって」
c0132230_1654430.jpg

以上四景の蓮の花たちです。
お気に入りありましたか?
やはり長靴は必需品でした。

今回のハス祭りのパンフレットとポスターに自分の作品が採用されていました。
何か貰ったかな?
入選とは知りませんでした。
では又。
[PR]

by kurumatabi | 2010-07-17 17:00 | 四季折々の撮影
2010年 07月 11日
2010/7/11 熊本へ帰還しました。
4月30日熊本をたち約二ヶ月半家を空けました。
帰ってみたらさあ大変です。
玄関の両脇の立ち木が伸び放題、草ボウボウです。
室内はカビだらけでどこから手を付けたらいいか呆然になりました。
夕方までに何とか住まわれるように大掃除でした。

さて、旅を終わってみて永かったようでアットいう間でした。
これから写しためた画像の整理です。

その前に明日は病院で診察があります。
東京から熊本の病院へデータを転送して熊本の病院から投薬です。
8月には東京の病院で再度検査があります。
至って健康ですがアルコールの量をかなり減らしまして減塩料理です。
血圧が相変わらず高いようです。
暫く自宅でゆっくりして又活動開始かな!

この「髭てらのデジカメ撮影記」にご来訪の皆様に感謝申し上げます。
これからも面白い被写体がありましたドンドン撮影して投稿いたします。
皆様のご支援が一番の励みです。
今後と宜しくお願い申し上げます。

「7月8日舞鶴アジサイ公園にて」
c0132230_21232458.jpg

[PR]

by kurumatabi | 2010-07-11 21:09 | くるま旅
2010年 07月 09日
2010/7/9 高速道ひた走りの旅
京都縦貫道、舞鶴若狭道の西紀SAで車泊し朝7時から南下始めました。
初めて通るこのルートはジャンクションが多くて標識をよく見ての走行でした。
中国道から山陽道へ入り三木SAで最初の休憩です。
そして、吉備SA、福山SA、小谷SA、宮島SA、王司SAで給油、壇ノ浦で関門橋を撮影
基山Pで夕食でした。
その間の走行距離616キロでした。

旅の思いで!
撮影地、美瑛丘の町メルヘンの丘で下の写真の家の所有管理者で、
美瑛町鈴蘭大学博士認定第二四号「末岡 悟」氏と会えた事です。
写真家 前田真三先生の愛弟子とか!
先生の撮影エビソートとか聴かせてもらいました。
再会を約束して別れました。

「赤い屋根の一軒家」
c0132230_21442325.jpg

c0132230_21525786.jpg


今回のくるま旅は終わりました。
長いようでアツト過ぎ去った感じです。
又秋の旅を考えたいと思います。
ご来訪頂きまして大変ありがとうございました。
これからいつもの撮影行になります。
とりあえず明日はKFCCのクラブ例会です。
阿蘇ファームランドに行って来ます。
では又。
[PR]

by kurumatabi | 2010-07-09 21:12 | くるま旅
2010年 07月 08日
2010/7/8 舞鶴から伊根の舟屋の里探訪でした
今日は舞鶴道の駅で朝を迎え・・・・
舞鶴に降り立ったので近場の検索で
引き揚げ記念館とアジサイ公園があり早速訪ねてきました。
まず訪れたのは「引き揚げ記念館」でした。
終戦から十数年引き揚げ船が入港するたびに、此の岸壁を母は尋ねて、と歌われた声が響いていました。
「当時引き揚げ船が入港した様子のイラストです」
c0132230_2231625.jpg

「保存されている平引揚桟橋です」
c0132230_2264764.jpg

そして、ここから近くにある「舞鶴自然文化園」のアジサイの花を尋ねました。
アジサイ祭りは先週で終わっていましたので入園料は無料で鑑賞できました。
これだけの規模のアジサイ園は初めてでした。
そして、まだまだアジサイは綺麗に咲いていました。
「凄く広い敷地内に咲いています」
c0132230_2159724.jpg

「谷間に咲くアジサイの花」
c0132230_2218264.jpg

「色んな種類のアジサイを楽しめました」
c0132230_2230620.jpg

「こんな花」
c0132230_2233202.jpg

「これも」
c0132230_22342918.jpg

「懲りなくこんなアジサイも」
c0132230_22562232.jpg


京都府と言えば伊根町です。
舞鶴から約70キロ遠かったですよ。
「伊根町の舟屋群」
c0132230_2240283.jpg

「近くから見た舟屋です」
c0132230_22414157.jpg

「更に舟屋造りの家並みです」
c0132230_2246827.jpg

後継者が居ない伊根町は人口三千弱過疎の町です。
舟屋造りの家も改造され景観が変わるのは寂しいものですね。
何とか保存してもらいたいものです。
c0132230_22574136.jpg


夕方になり舞鶴を離れいよいよ帰途の旅になりました。
宮津温泉に入り、京都縦貫道から舞鶴若狭道と経由して走ります。
明日は神戸から玉名の近くまで走る予定です。
だんだん暑くなり北海道が恋しくなりました。
最終ラウンドを楽しんでおります。
では又。
[PR]

by kurumatabi | 2010-07-08 22:06 | くるま旅
2010年 07月 07日
2010/7/7 小樽・舞鶴航路 新日本海フェリーより
昨夜9時半小樽港より乗船した新日本海フェリーにて一日過ごし本日夜9時舞鶴港に入港し
舞鶴の道の駅「舞鶴港とれとれセンター」で車泊です。

今回乗船した「はまなす」号で昨夜小樽港で撮影したものです。
c0132230_19532290.jpg

「乗船前の車列です」
c0132230_2035831.jpg

「まずまずの天気で日本海の航海でした」
c0132230_2044737.jpg

「舞鶴よりれ小樽港に向かう船あかしあ号」
c0132230_20695.jpg

あかしあ号の船内は豪華絢爛で展望大浴場、シアタールーム、レストランにショップと
施設充実で退屈しませんでした。

「船内でビンゴゲーム大会です」
c0132230_20112687.jpg

「船内プロムナードです」
c0132230_2073095.jpg

「午後七時日本海に沈む夕日」
c0132230_2081949.jpg

「夕焼け寸前の雲」
c0132230_2092877.jpg


「道の駅舞鶴港とれとれセンター」は初めての所でパーキングのレイアウトも暗くて判らず
夜9時半に何とか良いポジションが取れました。
今夜は此処で車泊し明日以降の帰熊ルートを検討します。
尚、KFCC七月例会(阿蘇ファームランド)に参加予定です。
ラストのくるま旅ですがよろしくです。
[PR]

by kurumatabi | 2010-07-07 19:53 | くるま旅
2010年 07月 06日
2010/7/6 ニセコより小樽フェリー乗り場
北海道を離れる日が来ました。
7月19日函館上陸して18日間、北の大地を走りました。
その間、天候にも恵まれ満足する撮影行(作品には程遠かったが)が出来ました。
そして多くの皆さんからコメント、メールを頂き感謝申し上げます。

今日は最後の走りで何度か通った5号線でした。途中仁木町のサクランボが気になり
農家を訪ねたりしてサクランボの品質とか聴き勉強になりました。
これからハウスものの出荷だそうでこれだとクール便で送れるそうです。
今出回っているサクランボは露地物で日持ちしないそうです。
「路地栽培のサクランボ佐藤錦です」
c0132230_20383122.jpg

小樽の町を散策し小樽運河を二度目の撮影です。
「石蔵のお店にツタカツラと人力車」
c0132230_20392214.jpg

「小樽運河一」
c0132230_20422546.jpg

「小樽運河 製氷工場」
c0132230_20434248.jpg

「小樽運河 倉庫群」
c0132230_20464896.jpg

「新日本海フェリー小樽港の建物」
c0132230_20484498.jpg


今夜21時30分発
舞鶴港翌日21時着の船旅です。
今夜乗船してPCが使われたら発信します。

小樽港フェリーターミナルから更新でした。
[PR]

by kurumatabi | 2010-07-06 20:34 | くるま旅
2010年 07月 05日
2010/7/5 名水の郷ふきだし公園から洞爺湖散策
朝から曇り空です。
小樽から余り遠くに離れたくないので羊蹄山の麓を一周して洞爺湖の火山見学に出ました。
「昨夜の夕食模様です」手作りの酢蛸にほっけの焼き物、マグロの刺身、そしてにぎり寿司で贅沢な食事ですね。
c0132230_21215622.jpg

道の駅名水の郷ふきだし公園で朝を迎え汲み口を撮影しました。
「朝の水汲み口」
c0132230_21204049.jpg

c0132230_21225157.jpg

「水の噴き出し口から池になっていてカルガモの親子が!」
c0132230_6442988.jpg

吹き出し公園を後にして洞爺湖を目指しました。
「途中ジャガイモ畑は綺麗な花が付いていました」
c0132230_6463515.jpg

c0132230_647552.jpg

後方にはに羊蹄山がありますが残念ながら雲の中です
「洞爺湖の白鳥です」
c0132230_649372.jpg

「サイロ展望所のクマ君と」
c0132230_6504038.jpg

「村に出没したクマ君」
c0132230_6521851.jpg

「銀沼大火口」
c0132230_704532.jpg

「昭和新山とロープウエー」
c0132230_761532.jpg

「車内から撮った羊蹄山」
c0132230_77886.jpg

「雲が消え姿を見せた羊蹄山」何とかジャガイモ畑と撮る事が出来ました!
c0132230_782584.jpg

夕方ニセコ駅前の温泉に入り道の駅ニセコビュープラザで車泊です。
そして八代市から初めて北海道旅行されている川田さんと会いしばし旅の話で弾みました。
「花で飾られたJRニセコ駅です」
c0132230_7123528.jpg


明日は小樽港から舞鶴港まで船旅です。
明日夜21時乗船翌日よる21時頃到着です。2万円の特典で乗船です。
船中より詳しくは紹介します。
ではラストスパートは安全運転で!ニセコ小樽間走行です。
[PR]

by kurumatabi | 2010-07-05 21:23 | くるま旅