<   2012年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

2012年 07月 31日
写真家の旅立ち・・・。
熊本の写真界の巨匠と云っても過言でない人だった。
告別式の祭壇は氏が最も愛した阿蘇の五岳を花で描かれていた。

雲海の撮影も、火文字焼きも、中岳に米塚等々こよなく阿蘇を被写体にキャンピングカーで
寝泊まりして撮影されていた。
c0132230_21302990.jpg


急な病で思ってもなく再起が出来なかった氏はさぞや無念だつたろう!
天草パールラインマラソンは初回から昨年まで84才の高齢で走って居られた強靱な氏であった。

おしどりご夫妻であったが奥さんに先立たれ何時も一人で撮影旅行されていた。
祭壇には数々の遺作が飾られていた。
c0132230_21381542.jpg


中岳の火口や往生岳の火文字も菊の花で作られ氏も満足されたであろう。
天国の奥さんが呼ばれたか!又お二人で幸せな新生活が雲の上で始まることでしょう。
永久にお幸せに!
合掌
[PR]

by kurumatabi | 2012-07-31 21:44
2012年 07月 30日
訃報が入った!
松橋町で写真店を経営されていた浅川正二氏が亡くなられたと連絡を受けた。
氏とはアマチュア無線で現在までラグチュー仲間であった。
そして五十年代には写真の手ほどきを奥様とご一緒に指導受けた。
釣りにキャンプに往年の大先輩であった。
昨年不知火町永尾神社でお会いしたのが最後であった。

天草パールラインマラソンは開始当初より走っておられ体力の強さに驚かされていたのだが
訃報を知り驚きで一杯である。お元気でキャンカーの旅もされているものと思っていたが
残念の知らせである。
ご冥福をお祈りしましょう。
【JH6UTN局長安らかにお眠り下さい】
c0132230_22191365.jpg


[PR]

by kurumatabi | 2012-07-30 21:38
2012年 07月 29日
南阿蘇村は涼しいですね!
今朝は5時起きで南阿蘇村へトンボ撮影に出かけました。
夜露が乾かぬうちにトンボ撮影です。
思ったように留まっていませんが稲穂の露と苦心しながらの撮影でした。
「ミヤマアカネの様子です」
c0132230_20461560.jpg


「高森線が横を走っています」
c0132230_20471431.jpg


構えていないといきなり走ってくる高森線・・・背景を作って撮影したら良いですね。
それにしても阿蘇も暑かったですが、白川水源の足湯ならず水の足漬けは5分と浸けられないですよ!
水の冷たさは菊池渓谷より冷たいと実感しました。
小池水源、吉田城献上水くみ場と廻り「夢しずく」温泉に浸ってお昼寝して帰りました。
では又。
[PR]

by kurumatabi | 2012-07-29 20:55 | 四季折々の撮影
2012年 07月 28日
夏日の夕焼け
連日うだる暑さ!皆さん如何お過ごしでしょうか?
土曜丑の日ウナギは高くて口に入りません。
さて夏ばて対策はどうしましょうかね。
夕方沖新町へ出かけ夕涼みしてきました。
「普賢岳から多比良方面の夕焼けです」
c0132230_21563038.jpg


長時間露光練習していますが・・・。
ゼラチンフィルターで明るく露光を落とす事かな・・・。
タングステン設定で遊びました。 (四つ切りサイズにトリミングです)
c0132230_21583431.jpg


渓谷とか鍋ヶ滝の撮影は涼しくて良いですが・・・・。
熱中症予防はエアコン効かせてごろ寝が一番ですね!
暑さ厳しい折ご自愛下さい。
では又。
[PR]

by kurumatabi | 2012-07-28 22:05 | 沖新漁港の四季
2012年 07月 27日
阿蘇豪雨以来の渓谷入谷でした。
通行止めが気になりましたが広河原まで状況把握してきました。
まず天狗滝のある(真ん中の橋)降り口の上に通行止めの看板があります。
これより広河原へは通行止めで、係員が制止します。
c0132230_20294771.jpg


土手の崩落箇所は土砂を取り除いてあります。広河原の水天宮への橋は手つかずのままでした。
c0132230_20372021.jpg


渓谷入り口の右手の道路は天狗滝折り返し、と黎明滝折り返しは通行可になっております。
黎明滝も今日自分が行って初めて開通しました。
「黎明滝で」
c0132230_20394638.jpg


「水量の多い広河原」
c0132230_20463229.jpg


「今が見頃のキツネノカミソリ」
c0132230_20424115.jpg


明日から連休で撮影者も多くなると思われますが通行止めの規制は守りましょうね。
では又。
[PR]

by kurumatabi | 2012-07-27 20:30 | 菊池渓谷の四季
2012年 07月 25日
阿蘇方面早朝撮影行
梅雨明けとばかり午前三時起床、草千里へ・・・ガスが掛り何も見えない!
すかさず方向転換、北外輪へ向かった。
雲海は出ていたが阿蘇の五岳は微かに見えるだけ、日が昇ってきたので雲海とコラボ撮影。
c0132230_20293187.jpg


ユウスゲのしぼむのを待ってもらい兜岩で撮影
c0132230_2034670.jpg


大観峰へ移動アサキマダラが遠い旅から羽を休めに来ていた。
c0132230_2032762.jpg


ここまで来たので鍋ヶ滝へ足を延ばした。
c0132230_20353336.jpg


今回の阿蘇豪雨の爪跡を確認して、お池水源でトンボを撮り帰宅した。
c0132230_20373283.jpg


豪雨以来の撮影行、内牧とか坊中登山ルートを通ったが豪雨被害に山津波の爪跡は凄いものだった。
ユウスゲの蕾は沢山ついていたが地肌がえぐられ醜い姿は花にとって可哀そうな気がした。
では又。
[PR]

by kurumatabi | 2012-07-25 20:43 | 四季折々の撮影
2012年 07月 23日
梅雨明け!
昨年のこの時期は富良野、美瑛に居たので梅雨の感覚は無かった。
今年は長雨、それも観測史上最高とか、やはりこの時期は熊本脱出でしょうかね!
昨日は鶴屋で開催の小品美術展の最終日、作品希望者があるか心配で見に行った。
お陰で希望者の名前が書き出されホットした。暑気払い兼ねてビールで乾杯!帰宅が遅くなった。
「先日花火の時に撮影した黄昏の普賢岳」(竜宮への道ならず干潟の入り口も満ち潮で綺麗に見える)
c0132230_22134389.jpg


「大輪の花火の切り取り」
c0132230_22143962.jpg


梅雨明けしたとたん、こう暑かったら何も出来ない!
愛車を飛ばして軽井沢へ避暑に行きたいところだが、近くて涼しい長者原にステーだ!
PC持参で涼しいところでレタッチ作業!そんな夢を見ている。頭がおかしくなったようだ。
では又。
[PR]

by kurumatabi | 2012-07-23 22:22 | 四季折々の撮影
2012年 07月 21日
夕焼け撮影が花火と遭遇!
この所夕方になると西の空が明るくなる。
定期便の沖新白川河口へ夕陽撮影に出かけた。
今日は何時もと違う!カメラマンが多い?何と熊本港の花火だとか。
思いがけなく花火と遭遇、腹ぺこをこらえて撮影した。
「夕焼けより普賢岳が綺麗だった」(川口さんの影響で少し時間かけて撮影した)
c0132230_23394518.jpg


「最初に上がった尺玉花火」(10mmワイド撮影、左手が熊本港大橋)
c0132230_2348209.jpg


「肥後の夕凪で硝煙が淀んで大輪も駄目である」
c0132230_23513375.jpg


中々梅雨明けしない熊本!何時になったら夏空が見えるやら!
では又。
[PR]

by kurumatabi | 2012-07-21 23:55 | 四季折々の撮影
2012年 07月 20日
この所夕焼け空が面白い・・・。
今夕も7時回ってから家を出て小島橋の人道橋に三脚立て構えた。
真上に黒い雲がどかなく最後まで邪魔された夕焼け風景だった。
c0132230_22352419.jpg


小島橋から白川河口は大きく蛇行して有明海が見える位置にある。
西の方には金峰山にガスが掛かりその上に変わった夕焼け雲であった。
c0132230_22375524.jpg


c0132230_2238171.jpg


日中は小雨模様!夕方西の空は青空があり今日で三日目の夕焼け撮影が出来た。
以上夕景三景でした。
梅雨明けは来週以降でしょうかね。
しかし期待できませんね。
では又。
[PR]

by kurumatabi | 2012-07-20 22:42 | 四季折々の撮影
2012年 07月 19日
熊本県小品美術展と夕焼け
熊本鶴屋デパートで開催の小品美術展に出展さして貰った。
(携帯電話で撮影してブログに送信した)
c0132230_13103980.jpg


絵画、書、陶芸と熊本を代表される作家の方に混じって小生の写真も隅っこにソッと掛かっている。
c0132230_13103927.jpg


昨年秋に長野県は霧ヶ峰から撮影した「富士遠望」である。
画材用紙で仕上げ日本画に似せて仕上げた。
良かったらご覧下さい。22日日曜の午後から競売に掛けられるそうだ!
売れれば嬉しいが・・・。

夕方西の空が明るくなり19時過ぎ家を出ていつもの白川河口へ。
見事な夕焼けである。
c0132230_22202287.jpg


更に堤防から海に出て
c0132230_22213355.jpg


中々梅雨明けしない九州地方・・・夕焼けの綺麗な日が続いている。
では又。
[PR]

by kurumatabi | 2012-07-19 13:10 | 四季折々の撮影