<   2012年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

2012年 08月 31日
宇土半島の絶景ポイント
暗いニュースでしたが、一度しかない人生大いに楽しもうと前向きの自分!
さて楽しく生活するのには体力が必要で、毎日少しでも自分の足で歩く事が大切!
自分の実践法として毎日どこかに撮影に出ること。
今日はフードーパルで行われている知人の写真展が最終日、何とか間にあった。
又、鶴屋DP行きウェルシティー熊本フォト倶楽部写真展を鑑賞してきた。
クラブ員の方々が10日間富士の裾野に籠もり撮影された傑作が多数展示されていた。
9月3日まで開かれているので皆さんも是非ご覧下さい。
「鶴屋の会場模様」
c0132230_22405336.jpg


夕方は宇土半島の夕景撮影に出かける。
「今日の夕景」
c0132230_2243268.jpg


「WBを変えて撮影」
c0132230_22435272.jpg


明日から9月突入!少しは涼しくなって貰いたいものだ・・・。
月例も明日開かれ、持って行く作品選ぶのに一苦労だ。
では又。
[PR]

by kurumatabi | 2012-08-31 22:47 | 四季折々の撮影
2012年 08月 30日
暗いニュースが・・・。
三度写友が旅立っていった!
元気な人とばかり思っていたが急な事だった!撮影旅行中とお聞きした。
昨年秋は車で長野まで遠征し元気に撮影されていた。ついこの間の事だつた。
バトで毎週汗を流して居られた、今の世代で見たら若い方(74才)と思っていた。
熊日を見ていたら叙位叙勲で「従六位瑞宝双光章」と出ていた。
現役時代は国の責任ある立場でご活躍されたのだ!

又、お一人は高齢であったがつい最近まで大砲レンズを抱えて撮影されていた人である。
日大OBで東京在住時代から富士山の撮影に力を注いで居られた。
熊本に帰ってこられ余生を写真一本で楽しまれていた。
思う存分ご自分の時間を楽しまれ悔いのない人生であったと思う。

お二方のご冥福をお祈りいたします。   合掌

暗い出来事で恐縮です。
一度は歩む道のりですがやはり健康で長生きが一番です。
夏ばてしないように老体を鞭打ち好きな道を進みましょう。
では又。
[PR]

by kurumatabi | 2012-08-30 13:27
2012年 08月 26日
8月 ブルーの海続編
潮時が夕刻の時間帯と不一致!それでも練習のつもりで撮ってみた。
「川口氏撮影のアングルを一寸ずらした位置から」
c0132230_18343052.jpg


前にも書いたが、ここからだと背景と潮時と時間が一致すれば同じ写真が撮れること請負!
この日は天気が良く夕焼けしたので切り替えて撮影である。
「氏のアングルと一致したところから」雲泥の差があるが・・・。
ハッセルと我がカメラと違いすぎかな~。長時間露光撮影のベテランと一緒に出来ないことだ。
c0132230_18382656.jpg


四角と丸の水たまり、電柱の配置比べて撮影したもの。
「有明の夕景」
c0132230_18423633.jpg


流石グランプリ作者だ!微妙な計算がある。時期と潮時、気象条件等々しかし勉強になる。
夕刻電柱の上に明かりが点く時の潮時と背景が問題だ・・・。
近場なので更なる挑戦だ!
では又。
[PR]

by kurumatabi | 2012-08-26 18:53 | 四季折々の撮影
2012年 08月 25日
8月ブルーの海
JPSグランプリの川口さんの真似をしてブルーの海岸を撮影しているが暑さに閉口!
宇土半島から (23日15~16時撮影)
c0132230_76297.jpg


c0132230_946956.jpg


ブルーの海は人工物を入れて長時間露光撮影だが、その時のアングル作りに苦労だ。
背景は出来るだけすっきりさせるので晴天よりガスが掛かった日がベターと思う。
又潮時と時間帯が一致しないと良い写真は撮れない。
宇土半島は色んな所にアングルがある。
では又。







[PR]

by kurumatabi | 2012-08-25 07:16 | 四季折々の撮影
2012年 08月 22日
8月 河口の夕景 続編
夕方になると西の空が気になり毎日出かけている。
白川河口も右岸と左岸では全く趣が変わり右岸に開けた干潟は鳥たちの楽園になっている。
今はもっぱら右岸に通っている。(この度の豪雨で流木が干潟に取り残されている)
この時期が長崎の多良岳の稜線に沈む太陽が一番低い位置にあるので日没寸前を眺められる。
しかし気象条件が悪く雲の悪戯と格闘している・・・日没頃が最干潮も善し悪しだ。
「21日の夕焼け」
c0132230_2191382.jpg


「天国への近道もイルミネーションが灯ったようだ」(山の稜線の一番低いところに陽が沈む)
c0132230_21131018.jpg


21日久しぶり夕焼けで少しだけ焼けた。
干潟が隠れればブルーの世界が再現できるのだが・・・。

台風接近のようだ直接進路にならないことを祈る。
徳島の絵はがきも30枚越えたのでボチボチ公開しましょう。
では又。
[PR]

by kurumatabi | 2012-08-22 21:23 | 四季折々の撮影
2012年 08月 21日
8月 阿波の国徳島旅行の余韻
徳島を堪能、毎晩夢で出歩いております。
奥祖谷の古式そば美味しかった!
粉ひきから・・・つづきさんの粉ひき唄を聞きながら・・・。
c0132230_223637.jpg


麺作り、湯がきと全部手がけた。
古式そばフルコースです。
c0132230_22374534.jpg


奥祖谷のつづきさん日本一の粉ひき唄聞き惚れたな~。
平家部落の山又山の秘境!伝統は続いていました。
つづきさんご馳走様でした。
又案内頂いた地元の井上さん有り難うございました。

阿波旅行の絵はがきを作っております。
ここに掲載した画像は絵はがきを縮小したもので白枠が入っております。
未だ阿波の余韻がありますので思い出したとき掲載して参ります。
では又。
[PR]

by kurumatabi | 2012-08-21 22:45 | くるま旅
2012年 08月 20日
8月 河口の夕景
この所毎日午後からにわか雨が来ますね。
お陰で夜涼しくて写真の整理が進みます。
一日家におりますと夕方は散歩に出かけたくなります。
白川河口まで右岸を進めば信号ゼロ10分と掛かりません。
「普賢岳を正面に見た眺め」 (手前は貝塚のような波打ち際であつた)
c0132230_2213257.jpg


「獲物を洗う水場は何年も使われてないようだった」
c0132230_22152891.jpg


上げ潮時はブルーの世界が撮れそうな予感が・・・
「天国への近道」
c0132230_22195879.jpg


夕焼けを期待したが全くであつたが、次回満ちかけの潮を期待することに。
では又。
[PR]

by kurumatabi | 2012-08-20 22:23 | 四季折々の撮影
2012年 08月 20日
飛鳥と阿波踊り
徳島の阿波踊り見学に豪華客船飛鳥が入港した。
流石超一流の祭りだ!
c0132230_6173099.jpg


下船時あすか連の歓迎だった。
c0132230_6191718.jpg


うら若い踊り子さん達
c0132230_620898.jpg


遠く離れて見た豪華客船飛鳥・・・大きなビルディングでした。
c0132230_629592.jpg


阿波徳島の小松島を観光していた時飛鳥の接岸に遭遇し撮影した。
和田島特産「ちりめん」は世界一美味しかつた・・・高級品で100㌘450円だった。
「下ろし大根にちりめん」酒のつまみに最高だった。
では又。
[PR]

by kurumatabi | 2012-08-20 06:28 | 阿波踊り
2012年 08月 18日
8月の有明夕景
昼は冷房掛けてお休みの日々です。
夕刻涼しくなってから撮影はもっぱら近場の有明の海です。
「17日の夕景」
c0132230_6413726.jpg


「入道雲」
c0132230_6422924.jpg


お盆過ぎれば土用波が出ますが、住吉海岸のアングル初挑戦です。
「18日の住吉」
c0132230_6454910.jpg


c0132230_646962.jpg


「近所の少女達」
c0132230_6464746.jpg


大潮で普賢岳が見えて夕焼けすれば綺麗な写真が撮れる事請け合いの場所です。
気象条件は中々合いません。一期一会とは神のみ知るものです。
では夏バテしないように注意しましょう。
又。
[PR]

by kurumatabi | 2012-08-18 06:52 | 四季折々の撮影
2012年 08月 17日
四国遍路旅
10日間の四国旅でした。
道後温泉に浸り吉野川美濃田の淵を見て鳴門入り。
c0132230_8555263.jpgc0132230_856473.jpg


高松まで讃岐うどんを食べに行き、源平合戦古戦場の屋島寺を拝み夜は鳴門の阿波踊りと
四国の友人達に案内され短い旅も終わりました。
帰りしな臼杵から長者原一泊、別天地の涼しさである。
雄大な阿蘇高原では、ヒゴタイ、オミナエシ、ナデシコ、マツムシソウも盛んに咲いていた。
c0132230_945179.jpg


c0132230_952796.jpg


渓谷を廻り夕景を撮影して帰り着いた。
c0132230_973823.jpg


撮影枚数約2000枚これから整理して見せられる写真があれば掲載していきます。
それにしても暑い毎日が続きますね!
夏ばてしないようにお互い注意しましょう。
では又。
[PR]

by kurumatabi | 2012-08-17 09:11 | くるま旅