2015年 05月 27日
干潟の愛嬌者「ムツゴロウ」(15/5/9-10-19-21)
この時期一度は撮影に行くムツゴロウは愛嬌者だ!最近干潟でガタリンピックが盛んである。
そのガタリンピックに置き換えて撮影するとムツゴロウの仕草が滑稽である。
==全四回の撮影記録==
「ムツゴロウの求愛」ジャンプして誘う?
c0132230_5361072.jpg


c0132230_537798.jpg


「ムツゴロウの地上絵」
c0132230_539620.jpg


「シギも来る」
c0132230_5394714.jpg


「カニを捕らえたべるシギ」
c0132230_5403434.jpg


「斑点が綺麗なムツゴロウヒレを立ててジャンプも一瞬の動作である」
c0132230_542538.jpg


「四つ巴の求愛」
c0132230_5443373.jpg


「口を開けてプロポーズ」
c0132230_5463169.jpg


c0132230_548288.jpg


「逆立ちした求愛」
c0132230_5482115.jpg


潮が引いた干潟の海岸でムツゴロウの求愛行動は繰り返して行われている。
c0132230_5564591.jpg


近くに「長部田海床路」と云う海に突き出た道路があるが最近写真スポットとして人気である。
c0132230_5585371.jpg


c0132230_5591874.jpg


「シオマネキと」
c0132230_604833.jpg


「ジャンプ四景」
c0132230_615836.jpg


「求愛スタイル」
c0132230_624298.jpg


「流れを渡る」
c0132230_635743.jpg


「足跡」
c0132230_645017.jpg


見ても撮っても飽きないムツゴロウを追っかけてみました。
これから暑くなるので撮影もこの時期で終わります。
では又。
[PR]

# by kurumatabi | 2015-05-27 06:11 | 四季折々の撮影
2015年 05月 16日
阿蘇の初夏を飾る深山霧島(15/5/8~14複数撮影)
阿蘇の高地に咲く花の代表格が「ミヤマキリシマ」である。
仙酔峡、草千里一帯と咲きますが中岳の活動で火山灰が降り注ぎ一部であるが
面影が損なわれている花もある。中でも阿蘇山上一帯は火山ガスと火山灰で壊滅的である。

「仙酔峡編」(花芽の付き方が例年よりだんだん少なくなってきている)
c0132230_42315.jpg


c0132230_43690.jpg


此処の撮影ポイントは、早朝か夕刻の撮影で高岳の「鷲ヶ峰」がポイントとなる。霧雲が掛かれば最高だ。
今回の撮影では条件が適わなかったがアングルだけは選んだつもりである。
c0132230_47852.jpg


「一宮方面を見る」
c0132230_473648.jpg


c0132230_48821.jpg


「中岳ロープウエー駅方向」
c0132230_483014.jpg


「駐車場を見る」
c0132230_4105437.jpg


c0132230_4114839.jpg


草千里界隈(満開になっていない)
c0132230_413174.jpg


c0132230_4131655.jpg


c0132230_4145091.jpg


c0132230_4151523.jpg


烏帽子岳(天候条件が合わず曇り空の撮影)
c0132230_419653.jpg


c0132230_4192231.jpg


c0132230_4194175.jpg


c0132230_4201824.jpg


c0132230_4203461.jpg


晴れの天気予報も山では霧に変わる。
c0132230_420575.jpg


「1337m烏帽子岳山頂で」
c0132230_4222215.jpg


c0132230_4233389.jpg


c0132230_4235124.jpg


「全国植字祭記念公園」にて」阿蘇市一の宮町
c0132230_4254522.jpg


c0132230_426529.jpg


c0132230_426385.jpg


c0132230_4314685.jpg


c0132230_432940.jpg


c0132230_4322558.jpg


ミヤマキリシマを集めてみました。
来年の撮影地のデータベースとして記録したものです。
では又。
[PR]

# by kurumatabi | 2015-05-16 04:35 | 四季折々の撮影
2015年 05月 11日
オオルリシジミの優雅な舞です(15/5/1・8撮影)
オオルリシジミとは・・・
開翅長3.5㎝程度のシジミチョウ科の蝶で、環境庁レッドデータブックの絶滅危惧I類、
熊本県の特定希少野生動物に指定されています。
阿蘇郡南阿蘇村では村民のチョウ「村蝶」となっています。
牧野に自生するクララと云う植物に産卵するのでクララのあるところに飛び交っています。
c0132230_945856.jpg


クララの葉に留まり卵を産み付けます。
c0132230_9454555.jpg


クララは特徴ある植物で見分けやすいです。
c0132230_9563633.jpg


蟻との関係もあるようで産卵中は中々羽根を広げません。
c0132230_9581284.jpg


瑠璃色の羽根が魅力で人気があります。
c0132230_9583042.jpg


小さい個体は動きが素早く撮影泣かせであります。
c0132230_1003431.jpg


c0132230_1012176.jpg


c0132230_1014353.jpg


c0132230_1015837.jpg


c0132230_1051472.jpg


クララだけでなく黄色の小さな花「ウマノアシガタ」にも良く留まっていました。
c0132230_1061956.jpg


5月一杯くらい阿蘇の牧野で飛び交っています。
牧野に入るには必ずお断りして入り撮影マナー守りましょう。
では又。
[PR]

# by kurumatabi | 2015-05-11 09:52 | 四季折々の撮影
2015年 05月 10日
阿蘇谷から南郷谷一回り(15/5/8)
一寸早起きして阿蘇へ撮影行途中雲海が出ていたので途中下車し長寿ヶ丘公園でつつじと雲海でした。
c0132230_543559.jpg


c0132230_5444480.jpg


c0132230_5451366.jpg


c0132230_5453051.jpg


c0132230_548327.jpg


c0132230_5482172.jpg


長寿ヶ丘を後にして草千里のミヤマキリシマを見に行く。
未だつぼみが目立ち早々に切り上げる。
c0132230_5515013.jpg


c0132230_691223.jpg


草千里から仙酔峡へ移動ここのミヤマキリシマは満開状態だつたが撮影時間帯が
お昼時で不味いときの撮影、此処は早朝か夕刻とか曇り空で鷲ヶ峰に霧が掛かるとか
その条件次第で良い写真かの善し悪しがでる。
c0132230_5571789.jpg


c0132230_557362.jpg


c0132230_5575224.jpg


c0132230_558710.jpg


花の状態は良かったが天気も良すぎた仙酔峡の撮影でした。
この後牧場の放牧とか撮影して箱石峠から南阿蘇に回りいくつかのポイントを立ち寄りしました。
c0132230_614781.jpg


c0132230_62761.jpg


箱石峠から見る根子岳
c0132230_63855.jpg


高岳
c0132230_635511.jpg


南郷谷 鍋の平から見る根子岳
c0132230_65035.jpg


ぐるっと撮り歩き阿蘇でした。
次回この鍋で撮影しましたオオルリシジミを特集します。
では又。
[PR]

# by kurumatabi | 2015-05-10 06:09 | 四季折々の撮影
2015年 05月 07日
GWの撮影はヒッソリと!続編「大山しゃくなげ園」特集
5月5日杖立温泉は渋滞で待ちきれずUターンして看板を見ていた
「西日本最大2万本100種類」「大山シャクナゲ園」へ半信半疑で訪ねた。
クラブの例会場から約15分と近いしかも渋滞無しの道路スイスイと走る。
会場到着して園内の回り方など聞きスタッフの皆さんの親切な姿に感動。
気持ちよく撮影出来た。花は峠越えでしたが珍しいレンゲツツジなど見る事が出来た。
「展望所の建屋が見える所が園の一番の高台」
c0132230_20261968.jpg


c0132230_20274276.jpg


c0132230_2028112.jpg


c0132230_20283596.jpg


「白い花がレンゲツツジ」
c0132230_20285619.jpg


c0132230_20294686.jpg


c0132230_2030447.jpg


c0132230_20302443.jpg


c0132230_20303893.jpg


c0132230_1038182.jpg


c0132230_1039226.jpg


c0132230_10394710.jpg


c0132230_1040228.jpg


撮影開始が遅く夕方近くまでいて例会場まで帰り道で見たダム湖の風情も良い感じだった。
c0132230_10415293.jpg


しゃくなげ園はあちこちあり何処も似たような環境で作られているが山を開きより自然に
見られるのが良いと思う。花だけ見て綺麗と感じる人が多いようだが自分は全体の雰囲気
、回りの自然な風景の中にシャクナゲが見える背景がどうかが善し悪しと考えます。
人それぞれの個性の中、自由な発想がいいですね。チグハグだ!!
では又。
[PR]

# by kurumatabi | 2015-05-07 10:50 | 四季折々の撮影


    


画像一覧
最新の記事
ブログジャンル
お気に入りブログ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング